リウマチの原因、本当は・・・

リウマチの原因、本当は何なんでしょう?

自己免疫疾患といわれ、あなたの免疫があなた自身を攻撃している。
これは間違いないのですが、これはあくまで結果です。

では、なぜこのようなことが体内で起こるのか?
このように考えます。

筋肉の慢性的な疲労と過度のストレス


筋肉疲労が長期間ピークを超えてしまうと、それ以上負担を増大させないために、筋肉や骨格をその状況に適応するよう、
脳が指令を出します。
その時に、関節を作り変えるための破壊が行われ、
痛みが生じるのです。

それが更に進行し、関節の変形が終了すると痛みがなくなりますが、
ほとんど可動がなくなってしまいます。


究極の疲労状態

・出産や育児がとても大変だった

・仕事で残業や休日出勤が多かった

・仕事や家庭に強いストレスを感じていた

・全てのことにおいて完璧にこなそうと一生懸命だった・・・


あなたもこのような状況ではなかったですか?



ならば、その疲労状態から解放してあげたらいいんです。






施術内容

究極の疲労状態をどのように施術していくのか。

まず全身に痛みがあるのですから、強い力でグイグイ押したり揉んだりするようなことは絶対にありません。

現在当センターに来ている方の中にも、以前は強い力でのマッサージや指圧、整体などに通われていた方もいらっしゃいますが、「本当に痛くてつらかった。」と、聞いています。

ただでさえリウマチによって激しい痛みがあり、それに耐えている体に、更に強い力を加えれば、より体の緊張が強くなります。


当センターの施術はむしろその逆で、リウマチによる痛みが全身にあっても受け入れられるほど優しい力です。

s-img 043.jpg s-img 041.jpg
非常に優しい力での施術を、体は受け入れます。
体というのは、外部の刺激を受け入れるか受け入れないかによって、緊張を解くか強めるかを決定します。

リウマチによる強い痛みや緊張も、この優しい施術によって安心し、緊張を解いていきます。

こうしていくことで、強い痛みや腫れ、こわばりが取れていき、痛みの無い体が取り戻せるのです。

また、関節を動かしたときの痛みに関しても、関節に正しい動きを思い出させることが出来るようになるため、痛み無く動かせるようになります。


・手を握ったり開いたりすると痛い 

・握力が無い

・手首を曲げると痛い

・肘が伸びない

・腕が上がらない

・歩くと足首が痛い

・ちょっとでも動かすと股関節が痛い

・膝が痛くて階段の昇り降りがつらい などなど

このようなことが解消されるのです。


思い出してください、痛みの無かった頃のあなたを。
当たり前のことを当たり前に出来ていた自分を。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。